疲れた目を放おって酷使し過ぎると視力が低下するって本当??

スマホ老眼は近距離でスマホを見つづけることで、老眼と同じように対象物にピントが合わなくなることを言います。

ほとんどのケースが一時的なものですが、その頻度が多いと老眼の症状のままもとに戻すことができなくなることもあります。眼精疲労やかすみ目の対策や改善にはビルベリーやルテインが贅沢に配合されたアイケアサプリメントが効果的でしょう。

ビルベリーやルテインの効果によって眼精疲労やかすみが改善されるだけでなく、強すぎる有害な光から目を保護する効能にも期待することができます。

スマホ老眼とは近すぎる距離で見つづけることで毛様体筋が過労して起こる障害のようなものではありますが、毛様体筋を使わずにスマホやパソコンの画面を見れるように考案されたスマホメガネを使うとスマホ老眼を抑えることができます。

サプリメントを活用すると目に良いサプリを愛用するとスマホ老眼を治す効果に期待できます。目の疲れは目を10分間温めたり、目薬で炎症を押さえたり、目を十分に休めることで徐々に改善できますが、サプリメントで目を癒やす ビルベリーなどの栄養素を摂取することでより効果的に改善することができます。

スマホ老眼やかすみ目、老眼も目に良いサプリでアントシアニンやルテイン、アスタキサンチンなどの目に効く成分を取り入れることで改善効果を高めることができます。

ただ、目の異常を感じた時は病院で診て貰うことも大切です。

ビルベリーが目に効くとされる訳は、目に良いとされるアントシアニンが豊富に含まれているからです。

有名なのはブルーベリーですが、ビルベリーの方がアントシアニンが豊富なことから現在ではブルーベリーよりもビルベリーの方が注目を集めています。スマホ老眼を防ぐには1時間に1回の感覚で適度に休憩を入れてスマホをずっと見ないように注意したり、スマホを長い時間使う時も眼から40センチ前後は離して近すぎる距離で見ないこと、スマホの明るさを暗くして自律神経の乱れを抑えるのも一つの手段です。ゼアキサンチンはルテインと同じような効果を果たします。

というのも、ゼアキサンチンとルテインは同じもので、ルテインが体内で造り変えられたものがゼアキサンチンになります。だからゼアキサンチンの効果はルテインとかなり似た効果を発揮してくれます。ドライアイの原因は目の使いすぎ、コンタクトレンズの利用、ストレスや疲労、ブルーライトによる目のダメージなど、原因は多肢に渡るとされています。

改善するには目を酷使しないこと、目の休日をつくること、スマホなどの画面を見すぎないことが効果的でしょうが、これらに加えてアイケアサプリでアントシアニンを補給するのも有効です。

アントシアニンが目の疲労感を改善するとされるのは、目が疲れてきた時に動きが弱くなるロドプシンの働きを活性化する効果に期待できるからです。

だから最近ではブルーベリーではなく、アントシアニンが沢山入ったビルベリーが話題となっています。

スマートフォンやパソコンの光は目には強すぎる有害な光です。ですがルテインは強すぎる光を受け止めて危険な光から目を守る働きを発揮してくれるのです。

ルテインはスマホやテレビからも発する目に有害な光から目を守るだけでなく、歳を取ることで酷くなる老眼の度合いを抗酸化効果によって和らげる効果も見込むことができます。ルイテインは水晶体や黄斑に存在していて、老化の侵攻を抑える抗酸化や、有害な光から目を守る働きをしていますが、不足することでその機能が低下して白内障や加齢黄斑変性症などの目の病気(予防することで発症や再発を防げることもあるようです)になる可能性が高くなります。

詳しく調べたい方はこちら⇒疲れ目に効くサプリランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です